オーストラリアのカフェ(ブラックコーヒーは通じない?!)

皆さん、こんにちは。

元バリスタのすみれスタッフのエリカです。
今日は、私がオーストラリアのコーヒー文化と
オーストラリアンスタイルのコーヒーについて
お話ししたいと思います

オーストラリアのコーヒー文化は、
第2次世界大戦のあと
イタリアとギリシャからの移民によって
エスプレッソマシーンが持ち込まれ
その移民によってエスプレッソ系のコーヒーを
出すカフェがオープンし、
その後に
オーストラリア独自のカフェ文化に発展していったと
言われています。

正確にいうと、
それ以前にもコーヒーというものは
オーストラリアにありましたが
それほど人々に知れ渡ることがなかったようです。

オーストラリアの中でカフェ文化が
1番最初に栄えたのが
メルボルンだというのは有名な話ですので
ご存知の方も多いと思います。

現在メルボルンの中心地には
2000軒以上のカフェがある
と言われています。

イタリア、ギリシャ、アメリカからの移民が
増えたことにより、
コーヒーショップ(今でいうカフェ)が
急激に増加して、
そこがソーシャルスポット(社交場)に発展し、
現在のオーストラリアのカフェ文化が
形成されたと言われています。

そして現在では、
オーストラリアの最大都市シドニーには
なんと7000軒以上のカフェがあると言われています!

これは、パリにあるカフェの数より多いんですよ‼

しかも、その殆どがチェーン店とかではない
独自のお店であるので
オーストラリアのカフェ(コーヒー)に対する
「特別感」が伝わってきますね。

日本では、アメリカンスタイルの
フィルターを通して淹れる
ドリップコーヒーが主流ですが
オーストラリアはエスプレッソを
ベースとしたちょっと濃いめのコーヒーが主流です。

私は、
日本に住んでいた頃はスターバックスや
ドトールと言ったチェーン店によく通っていました。

たまに、個人経営の喫茶店にも行きましたが
フィルターコーヒー(ドリップコーヒー)が主流で
エスプレッソベースのコーヒーを飲むことは
珍しかった気がします。

オーストラリアに移住して驚いたのは
日本ではよく見かけるチェーン店のカフェは少なく
個人経営のカフェがいたるところにあって
それぞれのこだわりの豆を自分たちで
仕入れていることでした。

スターバックスも、
オーストラリアでの事業展開を
縮小するぐらい、オーストラリア人は
ローカルカフェにこだわりがあって
お気に入りのカフェに
毎日通う人もいるくらい
オージーのローカルカフェに対する
愛情が感じられます。

ローカルカフェは、
お店の雰囲気も
それぞれのカフェごとに特徴があって
オーナーの「こだわり」をすごく感じます。

フードもこだわっていて、
オーガニックメニューや
ベーカリーが美味しいカフェもあったりします。
それにバリスタの技術もとっても高いんですよ!

 

では、
ここからオーストラリアの特徴的なコーヒーを
日本との違いを交えながら、
少し紹介したいと思います。

皆さん、ブラックのコーヒーが飲みたかったら
どうやって頼みますか?

通常、日本では

「コーヒー、ブラックで」

とか、薄めの方が良ければ

「アメリカンで」

なんて頼んだりしますよね!

ただオーストラリアではそれは通じないんです!

ブラックコーヒーは、オーストラリアでは
エスプレッソをお湯で割った「ロングブラック」
呼ばれるものになります。

ちなみにショートブラックは
お湯で割らないエスプレッソのことを指します。

他にも「フラットホワイト」と言って
オーストラリアのコーヒー文化を代表するものがあり
エスプレッソに温めたスチームミルクを入れたもの
なんですが、ラテとは違いフォームミルクが少ない
(カフェによっては全く入れない)ので
ミルクの量が多くなりマイルドな味わいになります。

ちょっと分かりづらいので、下の図で
違いを参考にしてみてください。

あと、なんといっても注意しなくてはいけないのが
アイスコーヒーの頼み方です!

オーストラリアの暑い暑い日差しの中で
冷たいアイスコーヒーを飲みたいなーと思って
カウンターで

「アイスコーヒー、プリーズ」

というと
アイスラテにアイスクリームとホイップクリームが
モリモリに乗ったコーヒーフラッペのようなものが
出てきてしまいます!

 

日本人の想像する冷たいブラックコーヒーを
オーストラリアで飲みたい場合は

Iced long black(アイスド ロング ブラック)プリーズ」

と注文してくださいね。

ちなみに日本でお馴染みのガムシロップや
コーヒーフレッシュ
(小さいミルクのようなもの)もないので
甘くしたい場合は注文時に
「シュガープリーズ」というと
エスプレッソに砂糖を溶かして作ってくれますよ。

ちょっとミルクを入れたい場合も
「ダッシュオブミルクプリーズ」と頼むと
ちょっとミルクを入れてくれます。

他にもありますが、
代表的なものを取り上げました。
また機会があれば、
ブログでご紹介させていただきます!

オーストラリアでは人口の3/4もの人が
少なくとも1日に必ず1杯のコーヒーを
飲んでいるそうです。
多い人は1日で3-4杯飲んでいる人もいます。

皆さんも、オーストラリアに留学された際は
ローカルカフェでオーストラリアンスタイルの
コーヒーを堪能してみて下さいね。

バリスタ体験のできるコースもありますので
興味のある方は是非、ぜひお問合せください!

♡学校選びやコースなど
留学に関してのご質問がございましたら
無料カウンセリングをしていますので
お気軽にお問合せ下さい。

留学をお考えの方からのよくある質問など、
YouTubeでお答えしていきますので
そちらも参考になさって下さいね。
またご質問等ございましたら
YouTubeのコメント欄へお願い致します。

すみれチャンネルはコチラから

最後まで読んでいただき
ありがとうございました!

References:
The Secret History of Australia’s Love Affair with Coffee (coca-colacompany.com)